婚活パーティーでまさかの失態!

婚活パーティーに2回目の参加で、緊張のあまりか喉がカラカラで仕方がなかった。

 

婚活パーティーではお酒を飲めるものと、飲めないものに分かれるが、今回の婚活パーティーはお酒が飲める席だったため、緊張をほぐすためにもお酒をたくさん飲んでしまった。

 

おかげで緊張は解け、喉の潤ったのは良かったが、ここから先が最悪だった。

 

まず、緊張からか普段はあまり酔わないのだが、物凄く酔ってしまい、思考があまり働かない。

 

その上、トイレに近くなってしまい、婚活中にもかかわらず、何度も何度もトイレに行った。

 

ここまではまだ良かった。

 

最大の失敗はトイレに何度も行ったことで、いや、膀胱が緩んでしまったと言った方がいいだろうか。

 

股間周りが濡れており、小便はしっかりと出し切ったと思っていたが、残尿があったらしく、閉まった後も出ていたみたいだ。

 

正直、この記憶は曖昧ではあるものの、それに気が付かずに会場に戻ったため、回りからドンビキされていたのは鮮明に覚えている。

 

黒のパンツなどであればバレなかったかもしれないが、残念なことにグレーのスラックスを履いていたため、とても目立ってしまった。

 

それから恥ずかしさからか、急激に酔いが冷め、婚活パーティー中に途中で帰宅した。

 

あの時はとんでもない醜態をさらしてしまった。

 

まさか40代にまでなって、しかも婚活中に痴態を晒してしまうなど、夢にも思わなかった。

 

もちろん、自分の失態であるため、誰にも文句は言えないが、あの頃に戻れるなら戻りたい。

 

とはいえ、これ以上の醜態を晒すことはないだろうし、ネガティブ要素もないはずだ!と思って、そこから何度も婚活パーティーに参加できたのだから、むしろポジティブに捉えてもいいだろう。

 

何回目かの婚活パーティーで、大失態した婚活パーティーにいた女性と遭遇したときは、さすがに何か言われるのではないかとびびったが。

 

婚活パーティーでの大きなミスはこの一回だが、デート中に財布を忘れたり、相手女性の名前を間違えたりしたこともあるため、ちょくちょく失敗している。

 

それでもめげずに進めば、結婚できる相手が見つかると思い、今も前向きに婚活中だ。